小陰唇縮小手術でコンプレックスとおさらば|私らしく生きる

ウーマン

安全に悩みを解消

女医

女性には女性特有の悩みがいくつもあります。それらの悩みを解決できる方法の1つが婦人科形成手術です。婦人科形成手術には様々な種類があります。女性の悩みに合わせて形成手術の種類を変えることで、それぞれの悩みをしっかりと解消することが出来るのです。婦人科形成手術の中でも最近人気なのが、メスを使用しないで行なう治療方法です。大陰唇脂肪注入治療や膣壁縮小術などで行なわれます。中でも大陰唇脂肪注入治療は、婦人科形成クリニックで多くの女性に利用されている種類です。この治療では主に大陰唇のハリを取り戻すことを目的としています。女性器は年齢を重ねると、大陰唇のハリが無くなり次第にやせ衰えてしまいます。そうなると小陰唇とのバランスが崩れてしまうのです。この大陰唇部分に自身から抽出した脂肪を直接注入することで、ふっくらとした状態に回復させることが出来ます。

婦人科形成で行なわれている治療方法は常に進歩しています。最新治療としてはインティマレーザー治療やビビーブ治療などがあります。これらの治療は共に膣の緩みなどの症状を改善することが出来ます。特徴としては、どちらの治療もメスを使用しません。インティマレーザーでは専用のレーザー機器を使用しますし、ビビーブ治療では高周波エネルギーで発生させた低温熱を利用します。膣入り口に熱刺激を与えることで周辺組織の再構築やコラーゲン組織の成長を促すのです。そうすると結果的に膣を引き締める効果を得ることが出来ます。